通販サイトを見る女性のイラスト

花粉症のお薬で有名なザイザルは花粉症患者なら一度は使用したことがある。または聞いたことのあるお薬ではないでしょうか。当サイトでは花粉症の治療薬でとても人気のザイザルの効果や安価で購入するための方法をご紹介いたします。

肉アレルギーアレルゲンにも対応のザイザル

日本人の食物アレルギー患者の約6割は、鶏卵と乳製品、小麦粉の3品目をアレルゲンとしており、肉アレルギー患者は非常に少ないのが現状です。
しかし、肉アレルギーは突然発症する事から研究が進められていますが、現在も発症原因は不明です。
アレルギー症状は、血液中のアレルギー抗体と呼ばれる免疫グロブリンEとアレルゲンが結合する事により、肥満細胞に多く蓄積されているヒスタミンなどの炎症性物質が過剰放出され、体の局所でヒスタミンなどの炎症物質がG蛋白質共役型受容体とH1型受容体と結合してアレルギー症状が引き起こします。
肉類は、アレルゲンとなる事の多い蛋白質の塊ですが、牛や豚、鶏と人間の筋肉の構造が似ている為に、肉に含まれるタンパク質を異物として抗体を形成しない事で、アレルギー症状が発現しないと考えられていましたが、現在では米国に生息するマダニが体内に保有するアルファ・ガルと呼ばれる炭水化物が肉アレルギーのアレルゲンとされています。
アルファ・ガル自体は、多くの動物が保有する炭水化物なのでアレルギー反応は起こる事は無いのですが、マダニに刺されるとアルファ・ガルに対する抗体が形成され、以後肉を摂取すると激しいアレルギー症状を発現します。
肉アレルギーの症状としては、蕁麻疹や喘息、腹痛、下痢、嘔吐などの症状が発現し、血圧降下による意識障害や腎臓の機能障害、膵臓の機能障害などの重いアナフィラキシーショックが発現するケースがあります。
肉アレルギーの治療薬としては、ザイザルなどの抗ヒスタミン薬やアドレナリン自己注射薬が処方されています。
肉アレルギーの根本的な治療薬は無く、ザイザルなどの抗ヒスタミン薬によりアレルギー症状を緩和する対処療法が主流です。
ザイザルは、従来の抗ヒスタミン薬よりも最高血中濃度に到達する時間が短かく、薬の半減期が約7時間と長く、眠気を誘発する作用も軽減されています。