通販サイトを見る女性のイラスト

花粉症のお薬で有名なザイザルは花粉症患者なら一度は使用したことがある。または聞いたことのあるお薬ではないでしょうか。当サイトでは花粉症の治療薬でとても人気のザイザルの効果や安価で購入するための方法をご紹介いたします。

先発品のジルテックとジェネリックの効果は同じか?

ジルテックは花粉症などのアレルギー反応を抑えるために使用される薬です。
アレルギーというものはヒスタミンという体内物質によって引き起こされますが、ジルテックに含まれるセチリジン塩酸塩という成分がヒスタミンを受容する側にブロックの役割を果たし症状を少なくします。
また同成分には血管を膨張させて鼻づまりの原因となるロトコリエンという物質を抑制する効果もあるため、アレルギーを抑えながら鼻づまりを抑えるという花粉症にとっては一石二鳥の対策になります。
セチリジン塩酸塩はアレルギー反応に幅広く対応することができるため、花粉症だけでなく一年を通してのアレルギー性やハウスダストによる鼻炎や、同じくヒスタミンが原因となって引き起こされるじんましんや目のかゆみを抑えることにも使用できます。
ジルテックには代表的なジェネリック薬として、主成分をストレートに表に出したセチリジンというものがあります。
その名前の通り一錠あたり10mgのセチリジン塩酸塩が含まれているため、ジルテックと同じ働きをします。
セチリジンの他にも数多くのジェネリックが作られていますが、主成分はほとんどがセチリジン塩酸塩10mgのものです。

ジルテックとジェネリックの副作用は同じ

主成分が同じということなので副作用のリスクも同じで、両方とも飲んでから眠気や倦怠感などの症状が表れることがあるので、車の運転など眠気と遠ざけなければならない場面の前の服用は控えてください。

ジルテックやジェネリックの服用に関して

セチリジン塩酸塩は一回につき成人で10mg、7歳以上15歳未満の子どもであれば5mgの摂取が目安です。
ジルテックにもジェネリックにも10mg錠と5mg錠の2パターンがあり、子どもが服用する場合は10mg一錠を錠剤カッターなどで半分に割るという方法もあります。
しかし量を徹底したければジルテックの5mg錠を最初から選択しておいた方が間違いも起きにくく無難です。
ジルテックは喘息治療薬のテオフィリンやエイズの薬であるリトナビルと一緒に飲まないようにしてください。
お互いの作用が影響しあう恐れがあります。
また抗不整脈薬のピルシカイニドは副作用を高める可能性があります。
これはジェネリックにしても同じく避けなければいけない薬群です。

ジルテックのジェネリックは薬局で入手可能?

ジルテックは基本的には医師の診断を受けた後に処方箋を持って薬局で購入します。
薬局に置いてあればジェネリックを選択することも可能です。
子どもが使用する場合の5mgも置いてあることが多いでしょう。
ジェネリックの種類は非常に多いため、もし使用したいメーカーのジェネリックがあるのであれば事前に確認する必要があります。
処方箋を出されてから購入する医療用医薬品の枠内には入っていますが、ジルテックは処方箋なしで購入しても大丈夫な薬です。
ジェネリックにしても同様なので、両方とも通信販売サイトを利用して手に入れることも可能です。
ジルテックの定価は一錠あたり約100円かかりますが、ジェネリックの場合はその半分程度の価格で済みます。
処方箋によって購入する場合は3割負担や年齢によっては1割負担を受けられるので、そこからさらに安くなります。
通信販売を使うなど医師を通さない場合は処方箋なしでこの負担減が受けられないので、処方箋に関わってくる調合料などを天秤にかけて安い方を選択して大丈夫です。
ジェネリックの場合はメーカーにある程度左右されるため、突然薬局から姿を消したということにならないとは言い切れません。
医師の相談を受けないのであれば、その点も記憶しておいた方が良いです。
またセチリジン塩酸塩を主成分とした薬はジェネリックとは別に市販薬としても売られているため、費用と相談しながら選ぶと良いです。
錠剤を形作るための添加物が異なる場合はそれが体質に合わないことが考えられますが、主な効果としてはほぼ同じものと考えて大丈夫です。
市販品のため先発薬のジルテックよりも価格が高いものですが、ドラッグストアで簡単に手に入ります。
病院に行く時間が確保できないなどの理由で処方箋が得られない場合は、この市販薬の購入も選択肢のひとつとしてください。