通販サイトを見る女性のイラスト

花粉症のお薬で有名なザイザルは花粉症患者なら一度は使用したことがある。または聞いたことのあるお薬ではないでしょうか。当サイトでは花粉症の治療薬でとても人気のザイザルの効果や安価で購入するための方法をご紹介いたします。

ザイザルと遅延性フードアレルギーの免疫反応

人間の身体には、5種類の異なる抗体が存在しており、タンパク質から構成される抗体である免疫グロブリンEと免疫グロブリンGの免疫反応がフードアレルギーに関係しています。
免疫グロブリンEは、即時性フードアレルギーの原因となる免疫反応を引き起こす抗原であり、肥満細胞や好塩基球などと結合してヒスタミンを放出させます。
過剰に放出されたヒスタミンは、末端神経や末梢血管などに作用して呼吸困難や蕁麻疹など体の至る所で様々な即時性フードアレルギー症状を引き起こします。
その為、抗ヒスタミン作用を有するザイザルなどの抗アレルギー薬やアドレナリン自己注射液などが治療薬として処方されています。
ザイザルは、レボセチリジンを主成分とする第2世代抗ヒスタミン薬であり、従来の抗アレルギーに比べて抗コリン作用や排尿困難などの副作用が軽減されています。
又、ザイザルは、セチリジンの半量で同等の効果が得られる特徴もあります。
免疫グロブリンGは、遅延性フードアレルギーの原因となる免疫反応に関与し、数時間~数週間後に遅延性フードアレルギー症状を引き起こします。
遅延性フードアレルギーは、ストレスや体調不良などの原因で腸内フローラのバランスを崩れ、腸粘膜の細胞間に隙間が出来る為に腸管漏出症候群が引き起こされ、分子量の大きなタンパク質やペプチドが血液中に漏れ出す事で発症し、頭痛や睡眠障害、消化器症状などを発現します。
又、免疫グロブリンGは、アレルゲンと直接結合して抗原抗体複合体を形成し、組織に沈着して障害して溶連菌による急性糸球体腎炎や関節リウマチ、ウィルス性肝炎、アレルギー性肺胞炎など多種多様な症状を発症させるケースもあります。