通販サイトを見る女性のイラスト

花粉症のお薬で有名なザイザルは花粉症患者なら一度は使用したことがある。または聞いたことのあるお薬ではないでしょうか。当サイトでは花粉症の治療薬でとても人気のザイザルの効果や安価で購入するための方法をご紹介いたします。

アレルギー性皮膚炎に対し皮フ科で処方されるザイザル

人間の身体には、抗体であるグロブリンA、D、E、G、Mの5種類の免疫があり、細菌やウイルスなどの有害な異物が体内に侵入すると撃退する免疫反応を引き起こします。
免疫反応は、自己防衛の為のシステムですが、人体を構成する細胞や成分に対してアレルギー反応を引き起こす事があります。
アレルギー反応は、アレルゲンや抗体の反応様式によって4つに大別されています。
即時型アレルギーは、免疫グロブリンEと肥満細胞や好塩基球などが結合する事によりヒスタミンが放出され発症し、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、蕁麻疹などの症状が15 分~ 30分で発現します。重症型のアレルギーの場合は、アナフィラキシーショックを引き起こします。
治療薬としては、皮フ科や内科でザイザルなどの抗ヒスタミン薬やステロイド薬が内服薬として処方され、皮フ科ではザイザルなどの経口薬に加えてステロイド軟膏の塗布が行われています。
ザイザルは、セチリジンに含まれるレボセチリジンを主成分とする第2世代抗ヒスタミン薬であり、眠気や倦怠感などの副作用が少ない抗アレルギー薬でもあります。
細胞障害型アレルギーは、細胞抗原に対するグロブリンGやグロブリンMの作用により細胞毒性と呼ばれるアレルギー性免疫反応が引き起こされ、天疱瘡や溶血性貧血、重症筋無力症などの症状が発現します。細胞障害型は、内臓疾患との関係が疑われるので、皮フ科だけで無く内科を受診する必要があります。
免疫複合体型アレルギーは、グロブリンGやグロブリンM、グロブリンAと可溶性抗原が結合した免疫複合体が身体組織に沈着する事で、補体が活性化され糸球体腎炎や関節リウマチ、血管炎などの症状が発現します。
遅延型アレルギーは、抗体である免疫グロブリンを介さず、感作Tリンパ球が関与するアレルギー性の免疫反応であり、接触皮膚炎や薬疹などの症状が発現します。